top of page

夏場に潜むアーク熔接の危険って知ってます?

梅雨も早々に明け、一気に夏の気配となり、汗ばむ季節となりました。 近年、熱中症予防対策の必要性が大きく取り上げられるようになりましたが、 この時期はアーク溶接の作業をされる方におかれましては熱中症だけではなく、 感電のリスクも高まる時期だと言われています。


と言われるのも、雨や汗で濡れた衣服や体は電気の抵抗値が小さくなってしまい、 溶接設備の不備や誤った作業方法、突発的なトラブルが感電災害に発展して しまった事例が過去にいくつもあります。 様々な危険が潜むアーク溶接作業。今一度、危険因子を確認、認識していただき、 安全にアーク溶接を行っていただくことを願っております。



定期情報発信
.pdf
Download PDF • 311KB

アーク溶接 注意文書
.pdf
Download PDF • 324KB

閲覧数:217回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page