top of page

10年戦士DIYゴミ箱。サステナブルメンテナンス⁉

これは十数年前。

「ゴミ箱自体を処分する時に、金属類と分別しやすい様に」

という環境に配慮したというミッションを受けてDIYした、

弊社営業本部2F会議室のゴミ箱...

手作りの木製ゴミ箱

金属類一切不使用!

燃えるゴミとして、丸っとポイできるゴミ箱を企画制作しました。

SDGs12 「作る責任 使う責任」


処分の事まで考えて作られたこのゴミ箱ですが、

気が付けば10年以上。


現役で今も頑張ってくれています。


しかし、ご覧の通り、水場のすぐ隣においているということもあり、

塗装がかなり傷んできています…

年季が入って塗装の傷んだ木製のゴミ箱

毎日目にしている自分達にとっては、

それが当たり前となって違和感はありませんが、

初めて見る方の目には、きっと残念な姿に映ってしまっているでしょう…


そこで今回、ゴミ箱のメンテナンスとして、

通算3度目の再塗装をすることにしました!


傷んで悪くなってしまったところを改善して、気持ちよく使用できる状態を維持する。


これは、整理・整頓・清掃・清潔・躾(習慣)の5S活動の根源的なところであり、

ものづくりの現場の安全確保においても、大事な基本となります。



高圧ガスで言うと!

特に事故発生率の高い酸素ガス、可燃性ガスを混合させて行うガス溶断。

ガス溶断では、圧力調整器、切断器、ガスホースといった器具類の管理、

定期交換が重要となっています。




普段使用しているからこそ、

それが慣れとして当たり前となって危険な状態となっている事に気が付かない… 


だからこそ、

日常、定期的な点検が必要なのです。


と!!!

10年戦士な我が社のDIYゴミ箱のサステナブルなメンテナンスから、

保安の意識をお伝えしてみました!


PS!!

特に「第三書による点検」が効果的ですので、

「大丈夫なのか?」

と気になることがありましたら、お気兼ねなく弊社、大洋サンソにお声かけ下さい。


出張保安講習も随時開催中です。 お問合せ、心よりお待ちしております。



SDGs17「パートナーシップで目標を達成しよう」





リフレッシュされたゴミ箱さん。。。


再塗装されてきれいになった木製のゴミ箱


これからも、よろしくお願いします!


長く愛用されている木製のゴミ箱



閲覧数:44回0件のコメント

Comments


bottom of page